演出で決まる!記憶に残る結婚式をするなら演出にこだわろう

2020.04.07 Column
Share
演出で決まる!記憶に残る結婚式をするなら演出にこだわろう

一生の思い出に残る素敵な結婚式を挙げたいもの。ステキな結婚式をあげたいなら、こだわりの演出が目白押しです。結婚式場が提案する演出に注目してみてはいかがでしょうか?
演出

サムシングブルーを取り入れて!

Something Blue(サムシングブルー)の伝説をコンセプトにした演出では、会場全体がブルーに染められ無数の星が瞬くイメージで光り輝きます。青は、純潔や清らかさの象徴であり。幸せの色とされています。
海の中のようでもあり、夜空のようでもあり、ウエディングドレスの白色が映えることこのうえありません。幸せの色に囲まれさらに幻想的であり、印象的な挙式です。
二人だけでなくゲストにも忘れらない思い出となるに違いありません。

この「Something Blue(サムシングブルー)」とは、何かひとつ青いものを取りいれると幸せが続く、というヨーロッパに古くから伝わる新郎新婦の永遠の幸せを願った、つおまじない。Something Four(サムシングフォー)のうちのひとつです。

サムシングフォーには、他に3つの項目があります。
Something Old(サムシングオールド)何かひとつ古いものを。
意味は、「経験からくる経済的豊かさを願って」。
Something New(サムシングニュー)何かひとつあたらしいものを。
新しい未来に踏み出す第一歩として。
Something Borrow(サムシングボロウ)何かひとつ借りたものを。
幸せな人から何か借りることでそれにあやかるために。となります。さりげなくブルーを取り入れて、オリジナルの演出をしていてはいかがでしょうか?
 

絶景ロケーションで感動的に

ロケーションが絶景のホテルウエディングも、とても人気です。
さらにゲストの満足度も高くおすすめです。
ホテルによっては海・山・街並みが360度見渡せるロケーションがあり、時間帯によって見る景色は美しく、感動もひとしおです。
昼のきらめく海や風にそよぐ木々、夕日が落ち赤く染まる海、瞬く星のような夜景などどれをとっても思い出に残るにちがいありません。記念撮影にこだわるならロケーションを重視してみるのもいいですね。

ガーデン挙式

ゲストとの距離を近い、ガーデン挙式


気候が穏やかな季節であれば「ガーデン挙式」も高い人気があります。
パーティースタイルウエディングではリラックスした開放的なウエディングになります。会場に隣接したガーデンテラスには、リラックススペースが設けてあり、開放的な気持ちで特別なひとときをすごせるはず。ガーデンパーティは高齢のゲストのかたにも好評です。
自宅に招くパーティのような温かいまるでホームパーティのような雰囲気が楽しめます。主役二人のくつろいだ穏やかな笑顔に、ゲストの緊張もほぐれアットホームなパーティに。ゲストとの距離が近くなることで、心温まるウエディングになることでしょう。

最後に、 二人で納得のいく挙式、披露宴にするためにはしっかりと話し合うことが大切です。まずお互いの要望を出しあい、共通点を拾い出してから、そこを重点的に話し合うと、ストレスなく話し合いを進めていくことができます。

まずはフェアや見学会へいこう!

インターネットや式場パンフレットなどで、気になる演出をピックアップしたあとは、見学会・模擬挙式などのフェアへ参加し、実際に体験してみることをおススメします
フェアには披露宴の食事を食べられる試食会もありますので、うまく活用して、詳細を決めていきましょう。
ぜひ演出にこだわって、お二人だけの特別な結婚式に!

 


費用を気にせず、お得に結婚式をあげるなら【Otokucon】がオススメ!

【Otokucon】なら人気の式場で挙式&約70万円相当が無料になります!

気になる【otokucon】キャンペーン詳細を見る
https://xn--t8j597j6jd.net/lp/all/

関連キーワード