老舗や格式の高い料亭で和食婚。ゲストと贅沢な時間を共有する

2018.12.17 Ceremony

現代の若いカップルの間では、結婚式と言うとレストランやホテル、専門式場などの会場で行なわれる、洋風の式をイメージする人が多いでしょう。確かにそういった式はあまり堅苦しさがありませんし、畳の上ではなく椅子に座って生活することの多い現代人のライフスタイルにマッチしているとは言えます。また、新婦となる女性には、昔からウエディングドレスを着て式に臨むのが夢だったという人が少なくないため、洋風の式以外の選択肢が頭の中にないという人もいるかも知れません。

しかし、近年ではそういった洋風の式ではなく、日本人らしい和風の式を選択する若い人たちが増えてきています。そういったカップルの間で人気が高まってきている式の形の一つが、老舗や格式の高い料亭を会場とする和食婚です。

 

料理の魅力

和食婚の人気が高まってきている理由には色々なものが考えられるのですが、その中でも特に老舗や格式の高い料亭で行う場合に特徴的なのが、料理のクオリティーがとても高くて大きな満足感が得られるという点です。もちろん、レストランやホテルでもクオリティーの高い料理を出してもらえるのでしょうが、老舗や格式の高い料亭ならではの繊細な技術を駆使した芸術的な料理には、若い人たちからお年を召した方まで、幅広い年齢層の方たちに喜んでもらえる可能性が高いという魅力があります。

特に、お年寄りの中にはナイフとフォークを使って、フレンチやイタリアンなどの西洋料理を食べるのが苦手だという人が少なからずいるでしょうから、箸で食べられる和食の方を好む人が多いものと思われます。また、近年では若い人たちの間でも、美容と健康についての意識が高い人たちが増えてきており、低カロリーで栄養の豊富な食材を用いたヘルシー料理が多い和食を好む人は少なくないでしょう。

 

特別な空間で最高の忘れられない思い出に

次に考えられる和食婚の人気の理由は、料亭の中の雰囲気に特別感があるという点です。レストランやホテルなどの洋風の会場は、たとえゴージャスな雰囲気を持ったところであったとしても、普段利用する施設の延長のような感覚を覚える場合が少なくないと思われます。結婚式場ではないにしても、レストランやホテルの中に入ったことのある人は大勢いるからです。しかし、老舗や格式の高い料亭を普段から利用している人は極めて少ないでしょうから、その中で過ごす時間は特別な思い出として強く心に刻まれることが期待出来ます。

 

庭が見える料亭

庭のある料亭

料亭の中にある部屋ももちろん特別感がありますが、そこからお手入れの行き届いた芸術品のようなが見えるようだと、より素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう。そういった非日常的な空間の中で、大事な家族や親せき、友人などのゲストと贅沢な時間を共有できるという点は、料亭で行う和食婚ならではの魅力だと言えるでしょう。

 

和食婚でしか出来ない演出

料亭ならではの印象的な演出が行えるという点も、和食婚が人気となっている理由の一つです。例えば琴や三味線を演奏してもらったり、そういった演奏に合わせて日本舞踊を舞ってもらったりなど、日本ならではの伝統芸を演出の中に取り入れるといったようにです。そういった演出を行うことで、一般的な結婚式では味わえないような、素晴らしい思い出を作り上げることができます。

 

ウェディングドレスも着れる!

ウェディングドレス

ここまでは和食婚の魅力について色々と考えて来ましたが、そういった魅力があることは分かっても、自分はやはりウエディングドレスを着たい、ウエディングドレスを着た姿をゲストに見てもらいたいと思って、二の足を踏んでしまう人もいるかも知れません。しかし、そういった望みを持っているからと言って、和食婚を選択から外す必要は必ずしもありません。料亭での和食婚もウエディングドレスが着られるプランが用意されている場合があるので、そういったプランを利用するのもおススメです。

  • キュレーター:misamisa