福岡の結婚式場をよく見極めるためのポイント

2017.10.11 Column
Share

福岡で結婚式場を見極める

福岡で結婚式場を見極めるために、ポイントはたくさんあります。
インターネットでは、地区を指定するといろいろな情報が一目でわかります。
ホームページで、ある程度の情報は確認できるようになっています。
パンフレットや資料の請求もできるので利用してみましょう。
電車や新幹線で参加するという、ゲストの方も多いと思います。
アクセスは駅から近いほうがいいですが、タクシーの利用もどれくらい時間がかかるかチェックします。

タイプ別結婚式場

結婚式場も、いろいろなタイプがあります。

専門の式場

専門の式場は、結婚式に詳しいスタッフがいて最新のプランが相談ができます。
映像や音響設備も整っていますし、洋風和風どちらも対応してくれます。
日本古来のマナーについても、相談しやすいです。
 

 

ホテルの特徴

ホテルは、設備面で整っていて遠くからのお客さんも、宿泊ができます。
ホテル内でゆっくりできる施設があったり、送迎のサービスもあります。
美容室もホテル内にあるので、花嫁さんも安心感が大きいです。
大きな広間で大人数の披露宴にも対応できますし、2次会のような少人数のプランも可能です。
いろいろなプランを選択できるのが、ホテルの良さです。
 

レストランウエディング

レストランウエディングは、料理がおいしくアットホームな雰囲気があります。
お客さんとの距離が近く、新郎新婦と話すことが多くなります。
費用も安いのが特徴で、気軽に参加できるタイプのものもあります。

ブライダルフェア

結婚式で、一番わかりにくいのが価格といわれています。
結婚式と披露宴をセットでやっている業者がほとんどです。
セット料金を提示してくれた時は、細かく見る必要があります。
サービスを追加するごとに料金が増えて、最初に提案してくれたプランより、かなり高くなったということも多いからです。
ブライダルフェアに参加すると、実勢に式場を見ることができますしスタッフとの話もできます。
料理の試食ができるのが、いい面です。
美味しいかどうかだけでなく、金額が適正かどうか、ゲストの方の年齢から揚げ物が多いとか偏っていないかどうか、どんなコースがあるかをチェックできます。
実際のチャペルや式場で、模擬挙式や模擬披露宴も開催されています。
ドレスの試着ができるので、当日に見に行く方もいます。
 

 

持ち込みの料金に注意

気に入った場合は、プランナーに直接プランや見積もりも可能です。
式場の費用については、サービスを細かく確認しないとあとで追加料金が出て困ったというケースもあるので注意しましょう。
忙しいカップルのために、平日の夜や休日に開催しているところがほとんどです。
先輩が困った点で多いのが、会場の専門ショップ以外でドレスや引き出物を選ぶ場合です。
持ち込みの料金がかかるのを知らなかったということがあります。
プランナーに相談するときにすぐに聞いておくことが必要です。
思ったよりも持ち込みの料金が高くなることがあるので、注意しましょう。
 

予算オーバーにならないように決めよう

イベントは最新トレンドを紹介される場合もありますが、住んでいる地域の風習などもあるので親に話しておくことも必要です。
演出は内容によって、必要があるものとないものを判断する必要があります。
あまり多く取り入れても、あわただしくなります。
時間がかかりすぎるもの、ゲストが楽しめるかどうかも考えておきましょう。
プランでは、式場や披露宴の会場代金、衣装代メイク料と料理引き出物以外にもいろいろとかかります。
招待状の印刷やウエルカムボード、司会者や撮影の費用、写真、ゲストの交通費用などすべてを考えて、予算オーバーにならないように決めることが大切です。
カップルで考えが違うこともありますが、しっかり話し合うことで納得して決めていきましょう。
健康に注意して体調だけは壊さないようにすることが必要です。

上記以外で編集者おすすめの式場はこちら

ザ・ロイヤルクラシック福岡

~クラシカル・ゴージャスな空間でデビュタント

3,000坪の広大な敷地にチャペル、3つのゴージャスなバンケットルームを備え、メインのウエディングステージの佇まいは、まるで地中海を一望できるモナコの5つ星ホテル――それが、ザ・ロイヤルクラシック福岡です。

ラ・ブリエ教会はステンドグラスの明かりが室内に柔らかく反射して、刻刻と幻想的な空間へ変容するチャペル。
「光り輝く」の意味そのまま“ラ・ブリエ”教会は息をのむほどの神秘的な美しさ、それに包まれる幸福感を想像してみてください。

ザ・ロイヤルクラシック福岡が誇るバンケットルーム「グラン・ド・フルール」は圧巻!ためいきが出るほどの贅を極めたロイヤルクラシカル。
220名まで収容可能な大空間と福岡屈指の天井の高さに驚きますが、ヨーロッパの宮殿のようなイメージの格調高いインテリアに囲まれてゲストの方たちも一緒に社交界気分を満喫。
グラン・ド・フルールへの扉を開けると広がるのは真っ白い大理石の大階段。
ドレス姿でゆっくりと降りていくシーンは、エルメスのケリー・バッグの由来となったグレース・ケリーの映画のワンシーンのよう。

「グラン・ド・ヴィラ」は鮮やかな花と緑、優しい音を醸す噴水が素敵なアクアガーデンが印象的なモダンリゾートテイストのバンケットルーム。
バルーンリリースやデザートビュッフェ、オリジナル演出など多彩なプランが楽しめそうですね。
水と光と緑に囲まれたグラン・ド・ヴィラでの水上挙式は、自然からの祝福を受けている感覚を味わえて人気が高いのも頷けます。

「グラン・ド・シャルマン」は洗練されたモダニズムデザインのバンケットルーム。
高さ7.5mの天井から吊り下げられたペンダントライトが目を引きます。
室内全体は深みのあるブラウン基調ですが、ランプシェードの落ち着いたブルーがアクセントとなって上品モダンの空間を創り上げています。
フランス語で「魅惑的」を意味するシャルマンは、シックな空間だからドレスが映えます。

ザ・ロイヤルクラシック福岡はウエディングドレスも豊富に揃っているので、 それぞれのパーソナル、コンセプト、イメージなどに合わせて選べます。
気になる料理はフレンチ・和洋折衷・和食の3種あり、味にうるさいグルメなゲストも大満足。

テイストが異なる3つのバンケットルームや様々なリクエストに応えられるウエディングドレス、一流シェフの料理…。
魅力的なコンテンツが揃うザ・ロイヤルクラシック福岡ですが、利用した人の中で賞賛の声が高かったのはスタッフの“おもてなしの心”でした。

 

関連キーワード