【こだわり派なら】手作りして世界でひとつのマリッジリング!

2017.04.21 Wedding Dress
Share

大切な物だからこそ手作りで

結婚のするカップルにとって、一生身に付けていく結婚指輪は大切な宝物になります。
ジュエリーショップなどに行くとお洒落な結婚指輪や可愛い結婚指輪などが数多く並んでいるので、見ているだけでも楽しくなってきてしまいます。
また、結婚指輪の載っているカタログなどにも素敵な結婚指輪が数多く載っています。
これらの中から結婚指輪を選んでも満足のいくものを手にすることができますが、手作りでマリッジ リングを用意すれば、これから結婚をするカップルにとって世界でたったひとつの特別な結婚指輪を作ることができるのです。

作る時間も大切な宝物に

結婚をして、毎日付けていくものである結婚指輪は、自分たちのこれからの未来をイメージして永く愛していくことができるものを、自分たちの手で結婚指輪を完成させることができます。
そして、結婚指輪を作る時間は、お互いのことを考えなが結婚指輪を作る時間になります。
これから一緒になるカップルにとって二度と作ることができないかけがえのない大切な思い出となります。
自分たちの手で作る結婚指輪は、二人にとって特別なものになって、これから始まる二人の人生と共に大切なものであり続けます。

デザインだけでなく一から自分達で

手作りの他に、自分たちだけの結婚指輪を作る方法にオーダーメイドがあります。
しかし、手作りの結婚指輪と違ってくる点は、オーダーメイドでは、デザインは選ぶことができますが、その後は注文を受けて結婚指輪を業者が作る作業を行うことになります。
この場合は、デザインはオリジナルな結婚指輪になり世界に一つのものになりますが、
作るのは業者になってしまい二人での手作りの結婚指輪ではありません。
手作りでの結婚指輪の場合は、デザインからカップルで考えることができ、使う貴金属もプラチナや金などのように、予算などを考えながら選ぶことが可能になります。
そして、カップルで選んだ金属の材料を使って指輪の形を作っていくことになります。
カップル二人で作業場に行き、結婚指輪を仕上げていくことになります。
そのため、当然世界でたった一つの結婚指輪になり、作り上げていくために行った金属などを彫ったり削ったりしてきた様々な作業は二人で行っていたたため、これからの二人にとって大切な思い出にすることができるので、手づくりの結婚指輪は人気が高くなっています。

素材も重要

結婚指輪に使う貴金属は、プラチナが主流ですが、ゴールドを選ぶこともできます。
肌へのなじみが良いゴールドの中で、ピンクゴールドも肌を明るく見せてくれるので人気があります。
プラチナは、シーンを選ばず多くの人に選ばれています。
また、自分たちのイメージをした結婚指輪が作れることが手作りならではのことです。
イメージした結婚指輪を作っていく作業も、二人にとって大切な時間になります。

世界に一つだけの指輪を

結婚指輪を作っていく方法は、ロストワックスで作る方法と鍛造で作る方法があります。

ロストワックス製法

ロストワックスで作る方法は、ロウのような材料を使って結婚指輪の原型を作っていき、自分たちで選んだ結婚指輪にするゴールドやプラチナなどの素材を作り上げた型の中に流し込んでいき、結婚指輪を作り上げていく方法です。

鍛造製法

鍛造の方法は、結婚指輪にするゴールドやプラチナなどを火で熱してからのばしたり曲げたり、また、削ったりなどの作業を行って結婚指輪の形を作っていきます。

自分の器用さで決める?

自分たちのイメージをした結婚指輪を作る場合では、手軽に作ることができ、イメージをしたデザインの自由度などからロストワックスの方法がおすすめな作り方となってきますが、どちらの方法で作るのかは、カップルで決めることができ自分たちの結婚指輪を作るためにはどちらの方法が良いのかをスタッフなどとよく相談をして決めることをおすすめします。
手作りの結婚指輪も宝石店などで販売しているものと同じ製法で作るので心配がなく安心して手作りの結婚指輪を作ることができます。

関連キーワード