婚約指輪の定番から憧れまで!ブランド別平均カラット教えます

2017.10.29 Ring

男性は慎重に婚約指輪を選ぶことが大切

結婚を意識したお付き合いをしているカップルの場合、後に男性側からプロポーズされることがあります。
その際には古くから用いられているアイテムというものがあり、婚約指輪を女性側に贈ることが一般的に行われています。
女性にとって永遠に使うことになる指輪になり、比較的華やかな存在になることから、男性側は慎重に指輪選びを行うことが大切です。

ブランドで選び出す方法

婚約指輪については、定番品から憧れのものが数多く販売されていて、まずはブランドで選び出す方法があります。
世界的に非常に有名なブランド品も多く、その中には可憐なデザインの定番品も多く取り揃えているものを見つけることができます。
国内ブランドであっても人気が高く、普段は気軽に購入できないような憧れのものも販売されているので、ブランドイメージによって選び出すことも良い方法です。

婚約指輪にも流行

非常に数多く販売されている婚約指輪になりますが、結婚指輪と違いシンプルなデザインではなく比較的可愛らしいデザインに仕上がっているものを多く見つけることができます。
時代と共に流行というものが出てくるので、流行にマッチしたデザインのものを販売しているブランド品を探し出す必要もあります。

婚約指輪はダイヤモンドを利用したデザインがメイン

婚約指輪に関しては、多くの女性の憧れとなっているダイヤモンドを利用したデザインに仕上がっているものがメインとされています。
最上級の石として知られているように、ダイヤモンドの美しい輝きによって、より一層雰囲気を盛り上げることができます。
ダイヤモンドの場合では気になる部分としてカラットを挙げられます。
指輪自体の平均価格に関しては、婚約指輪の場合では約30万円とも言われているのですが、その価格帯でのカラット数の平均についての情報というものがあります。

ブランド別の平均カラット数

ブランド別の平均カラット数に関しては、世界的に有名なブランド品の場合、0.2ct~0.3ct未満のタイプが多い傾向にあります。
この内容についてはリングの部分にも高品質な素材を用いていて、独自のデザインを施していることが多いので、ダイヤモンドも当然ですが、リング自体に価値のあるものとして判断することができます。

国内ブランドの婚約指輪

一方で国内ブランドとして販売されているタイプの場合では、0.3ct~0.4ct未満が主流になります。
少し大きめのダイヤモンドを贈りたいと考えている方にとっては、購入しやすい範囲で販売されている指輪として利用することができます。
近年ではインターネット上でも婚約指輪を購入される方が増加していることも事実です。
手軽さだけではなく普段の生活範囲では見つけることができない指輪を簡単に探せるので、より一層優れたデザインのものを購入することに非常に向いている方法です。
ネット上で探していると、国内でも独自に製造販売を行っているブランド品を見つけることができます。
このようなブランド品の場合では0.4ct~0.5ct未満の範囲のものが多く販売されています。

カラット数を意識して選ぶ方法も効果的

実際にブランド別で見た場合でも0.2ct~0.5ct未満のダイヤモンドを購入される方がとある統計では過半数を超えています。
それ以上のカラット数のダイヤモンドを使った指輪の場合では、特に高級品として価格帯が跳ね上がることになります。
そのため、購入可能な予算を予め決めてから、価格帯によって選択することでも失敗しない指輪探しを行うことができます。
非常に数多くのブランドから販売されている指輪ですが、ブランドイメージを優先させる方法以外にも、カラット数を意識して選ぶ方法も効果的です。
どちらにしても、一生に一度の記念になる大切な指輪になるので、女性側にとって喜ばれる指輪や相応しいダイヤモンドの状態、可憐なデザインのリングなどを選択することにより、上手く買い物を行うことができます。

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo

関連キーワード