賢く安く!和装フォトウェディングの魅力

2021.06.22 Photowedding
Share
賢く安く!和装フォトウェディングの魅力

和装でのフォトウェディングは金額的に高いイメージがある方が多いのではないでしょうか。
色々な角度から考えてみると、和装フォトウェディングは思っていたより案外安く抑えられることもあるのです。
値段重視で和装を諦め、安い洋装フォトウェディグを検討している方!
憧れだった和装フォトウェディングを諦めるのはまだ早い?!
誰も教えてくれない和装フォトウェディングの料金、安くするための技をご紹介します。

 

値段重視のフォトウェディング 和装と洋装どちらが安い?

値段重視のフォトウェディング 和装と洋装どちらが安い?

フォトウェディングを予約する時、何を重視して決めますか?
カメラマンの技術、自由度が高い、カット数が多い、値段が安い!

など、人それぞれ重視することが違うのは当然です。
それでは、値段を最優先に重視した場合、和装と洋装のフォトウェディングではどちらが安いのでしょうか。
和装、洋装どちらであっても撮影料金は変わらないと言って良いでしょう。しかし、大きく値段が変わるのが衣装代、着付けも含めたヘアメイク代です。
和装の方が衣装代もヘアメイク(着付け)代も高く、洋装の方が安くフォトウェディングを行うことができます。
撮影代が同料金であってもトータルで考えた場合、洋装の方がどうしても和装に比べて安いのが正直なところです。
もちろん、和装フォトウェディングでも洋装フォトウェディングに近い位の安い値段で行うことも可能ではあります。
しかし、プラン内で和装を選ぼうとした場合、好きなものを自由に選べなかったり和装自体の品質があまりよくない安いものになる可能性もあるでしょう。

 

安さ重視は和装フォトウェディングに不向き!?その理由とは

安さ重視は和装フォトウェディングに不向き!?その理由とは

安さだけを考えた和装フォトウェディングを考えている方は注意しなければなりません。
やはり、本来和装の値段は安いものから高価なものまで幅広くあります。

その中でも、プラン自体が安いものはそれなりのクオリティーと考えておかなければなりません。
そして安いと言っても、洋装のフォトウェディングプランの安さには敵いません。
安さを求めると、必ず何かの妥協点は出てくると言っても過言ではありません。
「こんなフォトウェディングのはずじゃなかった…」と後悔しないように、料金と和装フォトウェディングのプラン内容、和装自体のクオリティーは必ず確認をしておくようにしましょう。

 

安い和装フォトウェディング 後悔しがちな落とし穴

安い和装フォトウェディング 後悔しがちな落とし穴

仮に安い和装フォトウェディングのプランがあったとします。

お得そうに宣伝されていても、実は必要なものが入っていなかったり、改めて他会社と比べてみたら結果的に損をしていることもあり得ます
フォトウェディングはほとんどの方が初めて行うことのため、何が必要であり、相場がいくらなのか、素人では分からないことも多々あるものです。
例えば、表面的な値段は安くても実際はヘアメイクの中に撮影中のアテンドは含まれず、別料金を請求されたり、和装に必要な小物や髪飾りなどは別料金のオプションであったりもします
そして、写真のカット数が少ないこともあり得るため、安さだけのフォトウェディングに左右されるのは禁物です。

他社の和装フォトウェディングプランと十分に比較し、記載されていない事項などは予約をする前に確認をすることが必要です。

そして、オプションとしてプラス料金がかかるものがあるかどうかも併せて確認をするようにしましょう。

 

ひと工夫で少しでも安く!和装フォトウェディング

ひと工夫で少しでも安く!和装フォトウェディング

挙式や披露宴で和装を着る予定の方は、ぜひ和装フォトウェディングをお勧めします。
通常、和装などの衣装をレンタルする場合は当日だけでなく挙式日とは別に他1〜3日レンタルすることができます。
プラスレンタル料金がかからない期間に和装フォトウェディングをすれば、結果的に安く撮影をすることができます。

しかし、挙式当日も着るのに同じ和装でフォトウェディングをしても変わり映えせずにつまらないと思う方もいることでしょう。

そんな時は、同じ和装でもメイクやヘアスタイル、髪飾りを変えて撮影してみてください。

安さ重視であっても、少しのお金をかけて変化を持たせるだけでフォトウェディングと挙式当日と2パターンの写真を撮ることができるため満足度もアップするはずです。

 

お値段以上の価値あり!和装フォトウェディングの魅力

決して安いとは言い難い和装フォトウェディングですが、その料金以上に価値はあるフォトウェディングと言えるでしょう。

成人式やイベント行事などで振袖や着物は着る機会があるかもしれません。しかし、フォトウェディングでの和装は白無垢や色打掛になります。

白無垢や色打掛は日本の伝統的な花嫁衣装であり、花嫁の時以外は生涯着る機会はありません

和装は趣きがあり日本人の貴重な衣装なのです。
安さでは比べることができない、和装フォトウェディングならではの意味があるのです。

また、和装には刺繍や鶴、亀、桜、菊などの縁起物とされるものや、季節を表す柄なども施されていることが多く、安いドレスでのフォトウェディングでは味わうことができない日本を感じることができます。

和装フォトウェディングについて、より詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

https://xn--t8j597j6jd.net/blog/3144

 

ベルクラシックでは知識豊富なスタッフが和装フォトウェディングに関するご相談をお受けしております。

https://www.bellclassic.co.jp/hall/

 

関連キーワード