少人数が魅力!家族結婚式のメリット・デメリット

2020.06.01 Column
Share

結婚式には様々な形のものがありますが、近年ではアットホームな結婚式をしたいと考えるカップルも急増中です。このようなアットホームな結婚式を希望するカップルにとって、ぴったりの結婚式は少人数で行う家族結婚式です。しかし通常の結婚式と比べた場合には、まだまだ情報が少ないので、どのような結婚式なのか分からないという人も多いかもしれません。実際に家族結婚式を行うにあたり、その内容やメリット、デメリットなどを把握しておきましょう。

家族結婚式ってどのようなものなの?

そもそも家族結婚式がどのようなものなのかというと、家族や親族、ごく親しい友人だけを招いて行う少人数の結婚式のことを指しています。一般的には30人以下で行われることが多いでしょう。一般的な大規模な結婚式を行うのではなく、家族や親戚にお披露目するといった形式を残し行うもので、華やかな演出が苦手だけれども親孝行をしたいと考えているカップルからは、よく選ばれています。招待人数も両家の家族のみの10人程度、両家の家族と親族を合わせた20人程度、ここにごく親しい友人などを加えた30人程度となっていて、その内容に関しても挙式だけ行ったり会食だけを行うもの、挙式と会食の両方を行うなど、さまざまなスタイルの中から選ぶことができます。

新郎新婦

家族結婚式のメリット・デメリットを知ろう!

家族結婚式を行うにあたり、まずメリットとして考えられることは、
●アットホームな空間でゆったりとした時間を過ごせる
●費用が比較的リーズナブル
●ゲストが少ないので準備が楽
ということが挙げられます。一般的な結婚式では、なかなかゲストとの時間をとることができないと悩む人も多いですが、家族結婚式であれば、ゲストとの距離は非常に近くなります。一人一人に感謝の気持ちを伝えたり、おもてなしの気持ちを伝えることもできるでしょう。またゲストとゲストの距離も近くなるので、家族結婚式を通して、親族同士の仲が深まるきっかけにもなります。通常の結婚式を挙げる場合には、準備期間に半年以上の期間を要すことが一般的ですが、家族結婚式の場合には、比較的短期間で準備をすることができます。忙しいけれども結婚式を挙げたいと考えるカップルにもぴったりと言えます。

ミニブーケ

反対に家族結婚式のデメリットとしてあげられることは、
●一度にたくさんの人たちに結婚の報告ができない
●少人数に対応している会場が少ない
●ご祝儀が少なくなってしまう
ことが挙げられます。家族結婚式という名前の通り、友人や会社の上司、同僚などを招待することは難しいです。正式に結婚したことを報告したいと考えた場合には、それとは別にお披露目会などを開く必要が出てくるでしょう。家族結婚式は少人数制で行われることになるので、対応できる会場が少なくなってしまいます。そのため会場を選ぶ際には十分な注意が必要です。

注意点も知っておこう!

家族結婚式を行うに当たり、様々な注意点もあります。会食を取り入れた場合、通常の食事会になってしまう可能性もあります。内容をしっかりと決めて、結婚式のお披露目会であることを意識した進行を取り入れることが大切です。また家族結婚式なので、両親の意見を事前に参考にし、それを踏まえた上で行った方がスムーズに進められることにもつながります。もしも司会を立てたいと考えているのであれば、親族の中に依頼できる人物がいいれば一番良いことです。頼める人がいないのであれば、式場にプロの司会進行を依頼する必要が出てくるでしょう。

スピーチ

このようにメリットやデメリットなどがあることがわかりましたが、少人数で行うことからしっかりと進行内容を決めておかなければ、通常の食事会とは変わりのないものになってしまいます。二人にぴったりのスタイルを決めたうえで、新郎新婦もゲストも、アットホームな雰囲気の中で楽しめるようにしっかりと考えましょう。

 

費用を気にせず、お得に結婚式をあげるなら【Otokukon】がオススメ!

【Otokukon】なら人気の式場で挙式&約70万円相当が無料になります!

気になる【otokukon】キャンペーン詳細を見る >

関連キーワード