まるで海外花嫁*ウェディングドレス×グリーンブーケがお洒落で大人気

2019.03.07 Dress

結婚式に欠かせないものの一つと言えばブーケですが、ブーケといえば生花でカラフルなものをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし近年では、海外花嫁のような雰囲気を演出することができるということから、お洒落なカップルの間ではグリーンをメインとしたグリーンブーケに注目が集まっています。

 

大人カップルにもぴったり

green1

ガーデンウェディングやゲストハウスウェディング、レストランウェディングといったアットホームでラフな雰囲気の結婚式はもちろんのこと、ナチュラルな純白のウェディングドレスに映えることからホテルウェディングや専門式場での結婚式でも近年ではグリーンをメインにしたブーケが使われることも珍しくはありません。ナチュラルな雰囲気にすることができ、大人のカップルにもぴったりです。もちろんグリーンのみしか使えないというわけではなく、グリーンの中にピンクやホワイトなどを入れて組み合わせても素敵な仕上がりのブーケになります。グリーン以外のカラーのリボンを合わせることで、雰囲気に大きな変化も生まれてアレンジ方法も豊富にあるのもグリーンならではの魅力です。赤やピンク、ブルーといった明るいカラーのリボンにもぴったりですが、ブラウンを取り入れることにより、より大人でアンティークな雰囲気に仕上げることができるので、リボンを使う場合にはブラウンもおすすめです。

 

可愛いにもかっこいいにも

green2

フレッシュなグリーンを集めることにより、上品で洗練された大人の雰囲気になることから、海外花嫁からの人気はかなり高く、それを取り入れることで日本でも海外花嫁のような雰囲気を演出できます。様々な種類のグリーンをざっくりと合わせて、茎も長くするとこなれ感が生まれてお洒落に見えます。グリーンでシャワーブーケにする場合には、グリーンだけではなく木のツタを加えたりすることで、より立体感も出てお洒落です。グリーンだけではなく生花と組み合わせることももちろん可能であり、白の花と合わせれば純白のウェディングドレスにもぴったりです。グリーンのブーケにすることで、可愛い雰囲気にもかっこいい雰囲気にもすることができます。

 

花嫁の美しさを引き立ててくれるグリーンブーケ

green3

生花のブーケとなれば、使用する花はありきたりなものになってしまいがちですが、グリーンのブーケとなれば、日頃あまり目にすることがないような植物も豊富に取り入れることができ、自分たちらしさを高めることにもつながります。生花となれば、時期によって使える種類には違いがあり、シーズンの異なる花を選んでしまうとより高額になりますが、グリーンならば造花を選んでも造花っぽく見えないというのも大きな魅力です。造花という選択肢も増えることで、デザインのアレンジの幅もより広がるのではないでしょうか。もちろん生のグリーンの場合でも、グリーンは生花よりも丈夫ということもあり、長時間にわたる挙式や披露宴の中で花嫁が持っていても、弱ってしまう心配があまりないというのも良い点ではないでしょうか。会場内もグリーンを基調とすることにより、統一感もアップさせることができます。生花を大量に使用すると、やはり料金はかなり高額になってしまいますが、グリーンならば生花よりもリーズナブルな料金となっているので、結婚式の費用を抑えることにもつながります。
 

お洒落でこなれ感を出しながらリーズナブルにすることができるのは、大きなメリットではないでしょうか。ボリュームのあるブーケで、花を使用したカラフルなものとなれば、花嫁よりも目立ってしまうということにもつながりますが、グリーンブーケではボリュームがあっても、悪目立ちすることがないので花嫁の美しさをしっかりと引き立てる役割を担ってくれるというのも魅力の一つです。

  • キュレーター:aoi!!