夜景をバックにプロポーズ〜大阪・京都・神戸編〜

2019.03.20 Propose

プロポーズはタイミングだけでなく、思い出に残る雰囲気や場所も重要です。夜景はロマンチックな雰囲気を演出してくれるので、プロポーズの言葉を言い出したり、思いを伝えるチャンスやきっかけに変わります。

 

閉館時間前がねらい目・大阪「海遊館」

海遊館

夜景が魅力的なスポットは数多くありますが、大阪もまた外せない選択肢となっています。海遊館はその内の1つで、世界最大級の水族館を楽しみ、日が沈んでからプロポーズをすることができる場所です。大小合わせて多くの生き物が展示されており、沢山のカップルや家族連れが訪れるので、日中は特に人が多いといえるでしょう。しかし、日が沈めばその分人は徐々に減って行きますし、営業時間を迎える20時頃には貸し切りに近い状態になります。プロポーズを決行するとしたら、閉館間近に狙いを定めて気持ちを落ち着かせることをおすすめします。海遊館は、夜になると美しいライトアップが行われるので、早めに建物の外に出て散歩をするのもありです。入口前で写真を撮りつつ、プロポーズに合わせて街の明かりが見える場所に移動を済ませれば、美しい夜景に見惚れる相手に気持ちが伝えられるはずです。食事を先に終えて大観覧車で夜景を見る、そこでプロポーズを決行する手もありますから、海遊館は思いを伝えるスポットとして選択肢が豊富です。

 

特別な雰囲気を演出してくれる・京都「将軍塚」

将軍塚

一方の京都では、観光スポットの将軍塚が特に夜景の素晴らしい場所で、圧倒的な見晴らしを楽しみつつプロポーズが行えます。ベストなタイミングはやはり日が沈んだ後ですが、沈み終える前の空が少し明るい時でも、将軍塚なら夜景が特別な雰囲気を演出してくれます。やや明るい地平線付近の空と、既に照明を付けて夜に入っている街並みと、その美しい対比を楽しむことができます。完全に暗くなる時間帯の夜景も勿論魅力はありますし、小さな光の1つ1つにそれぞれの営みが感じられるでしょう。夜景と一口にいっても、場所が変われば街並みも人の生活も変わるので、異なる思い出を残すことが可能です。複数のスポットを見て回り、改めて気に入った場所で大切な告白をする、そういったやり方もあります。将軍塚は京都市内を一望できる贅沢なスポットで、将軍塚青龍殿のいわゆる大舞台も含めれば、よりスケール感のある美しい街並みが味わえます。ただし、それが必ずしも相手の好む場所とは限りませんから、良く考えて下見をしたり、ベストなスポットを見付けて絶好のタイミングを計りたいところです。大舞台は紅葉の季節に景色がより映えるので、そういう季節ごとの違いも考えることが大事です。

 

美しい景色が堪能できる・神戸「六甲山」

六甲山

六甲山は神戸市の市街地にある山で、豊かな自然と美しい景色が地元や観光客に愛されています。神戸や大阪地方からの所要時間はそれぞれ約1時間ほどなので、比較的気軽に出向くことができるスポットの1つです。昼間は離れたところから眺めて楽しめますし、登ったり自然を満喫することもできます。夜は逆に夜景が見えるスポットに変わり、美しく広がる神戸の夜景が感動させてくれます。当然ながら写真撮影にも適しているので、写真を撮りたいという口実で六甲山に誘えるでしょう。夕暮れ時の六甲山から見える景色も一見の価値ありですし、純粋に美しい景色を堪能できるようになっています。

 

プロポーズのタイミングとしては、心が満たされ2人だけの時間が感じられた時に、思いを伝える気持ちの整理をするのが賢明です。言葉にする内容を頭の中で思い出し、呼吸を整えてから話し掛けて一呼吸置きます。焦ると早口になって聞き取りにくくなったり、噛んで意識をそちらに向けさせてしまうので、ゆっくりと話すイメージで言葉を口にするのがおすすめです。相手の視界に夜景が入る場所に立ってもらえれば、プロポーズがもっと成功しやすくなるでしょう。

関連キーワード