寒さも怖くない!お洒落であったか冬のウェディングコーデ

2019.01.09 Dress

結婚式の定番は6月からあたたかい夏に掛けてですが、寒い季節も案外選ばれているのが本当のところです。冬の景色を背にすると、婚礼衣装が引き立てられ際立ちますので、そういう意味でも冬の結婚式は思いの外人気です。しかし、冬は特に気温が一気に下るので、婚礼衣装を身にまとって結婚式を挙げる新郎新婦は大変です。そこで役立つのが、寒さ対策便利アイテムといったもので、冬のウェディングコーデの味方になります。
 

ウェディングドレスの寒さ対策

ファー

花嫁の衣装は肩周りが冷えやすいですから、いわゆるショールを活用すると、手軽で実用的な寒さ対策が実現します。主にファータイプが防寒に有用ですし、華やかさも演出できるので一石二鳥に変わります。ファーアイテムは、これまで生き物の殺生を連想させることから、結婚式での着用は厳禁とされてきました。近年はフェイクタイプが一般に浸透したこともあって、割りと認められるケースが増えています。冬の結婚式であれば、寒さを理由にゲストも身に着けざるを得ませんから、暗黙の了解として許容されるはずです。ただ、着用に問題はなくても花嫁衣装を損ねる色合いは御法度なので、冬の景色に映える冬色を選択するのがおすすめです。
ホワイト系は何色にも合わせやすいですし、雪化粧にもマッチしますから、冬のウェディングコーデに適しているといえます。あえて存在感を前面に出すなら、ブラック系を検討してみるのもありでしょう。ただし、洋装も和装も花嫁衣装はホワイトが基本なので、そういった衣装にブラックを合わせるのは考えものです。移動中などなら許容されるでしょうが、それでもあまりひと目に付かない場所で身に着けるのが無難です。人前でも身に着けたいのであれば、控えめな色合いの便利アイテムで寒さ対策をするのが、理想的なウェディングコーデとなります。冬色といえば淡いブルー系ですが、新郎新婦がこの系統の色を選ぶのは微妙なところです。というのも、ゲストの視線は主役に集まりますから、なるべく見る人にあたたかさを感じさせる色を選ぶのが賢明です。派手な色は兎も角として、深みのある赤や暖色系ならば、身に着ける人もゲストもあたたかく感じられるでしょう。無難な色合いで選ぶなら、冬のコーデで定番のブラウン系もありとなります。首や肩の寒さ対策が決まったら、足元や膝にも対策を行いたいものです。シューズもファー付きのものがあるので、こちらもショールに色を合わせると統一感が高まります。

 

和装の場合はどうするの?

和装で着物を身にまとう場合は、全身を簡単に包むことができる便利アイテムが役立ちます。その便利アイテムとは勿論、首から足首までカバーしてくれるコートです。着物にコートは合わないと思いがちですが、実は和装用のコートも存在するので、着物でもこういった便利アイテムが活用可能です。色は冬色で選べますし、コーディネートの幅がありますから、冬の寒さも怖くなくなるでしょう。

 

見えない部分の寒さ対策もしっかりと

外側を寒さ対策で固めたら、次はいよいよ目に見えない部分の対策に進みます。発熱素材の衣類は、冬にこそ役立つ便利アイテムとして真価を発揮します。比較的薄手のタイプが多いですが、肌に密着するのであたたかさが直に感じられるようになっています。露出が多めなドレスだと、身に着けられる衣類は限られてしまいますが、お腹周りに使用するだけも違ってきます。後は、定番の貼り付けるタイプのカイロを活用したり、腹巻きで対策をするのもありです。

 

winter

冬のウェディングコーデは寒さとの戦いですが、工夫次第で雰囲気を壊さずに済みますし、逆にあたたかさを演出して魅力のアップに繋げられます。衣装が崩れるので寒さ対策をしない、これでは震えたり風邪を引くことになってしまうので、上手く工夫しつつ寒さに耐えることが大切です。

  • キュレーター:aoi!!