何で選ぶべき?人気チャペルの特徴まとめ

2018.12.06 Ceremony

これから結婚式を考えている場合には、どのような式場にするかを選ばなければなりません。式場のタイプはいくつかありますが、一般的によく利用されているのはホテルの結婚式場になります。ホテルの結婚式場にも様々なタイプがあり、室内に入ってみるとチャペルがあるようなところも少なくないでしょう。その一方で、和風の結婚式場のようなところがあり、ホテルの外観とは相反する神社形式のものも存在しています。このようにさまざまなものがある理由は、多くの顧客が様々な種類の結婚式場を望んでいるからといっても過言ではありません。つまり、顧客の要望もつい分と多様化している傾向が出てきている証拠です。

 

本格的な結婚式ならゲストハウス

チャペル

ホテルの結婚式場に対して、ゲストハウスを利用する人もいます。基本的にゲストハウスの場合には、ホテルなどとは異なり結婚式を専門的に行うところですので実に深い知識を持った人や経験豊かな人が多いです。本格的な結婚式を挙げたいならばゲストハウスを利用してもよいでしょう。ゲストハウスも、ホテルと同じようにさまざまな種類の結婚式場がありますので一度見てみるというかも知れません。しかも、貸し切りのところに関してはほかの結婚式とかぶることはありませんので自分たちの空間を演出することが可能になります。待合室などでも、当然ほかのグループなどはいませんしロビーなどに行っても自分たちとグループしかいないため非常に気が楽になります。

 

チャペル式ならステンドグラスで選ぶのも良し

ステンドグラス

では、もしどちらにしてもチャペル式のものを利用したい場合にはどのような基準で選んだらよいでしょうか。まず選び方の一つとしてはステンドグラスになります。チャペルの場合には、ステンドグラスがあるのが特徴ですがそこに描かれている絵などをよく見て気に入るかどうかを判断するのがよいかもしれません。このような絵を見て感動するのはどちらかといえば書生になりますので女性に選ばせるのも一つの方法と言えます。基本的に、女性の意見を取り入れた方が最終的によりよい結婚式を行うことができるでしょう。なぜなら、男性の場合にはあまりこだわりがないためとことなく金額や雰囲気だけできめてしまう傾向があります。女性の場合には、より細かいところまで聞くにしてしっかりと選んでくれるため女性の意見をメインとして考えた方がよいです。

 

ロケ―ションが大事!ガーデンウェディング

ガーデンウェディング

次に、ガーデンなどがありますがガーデンもきれいに飾られているところが素敵になります。ガーデンは、見た目だけでなく写真撮影をするときによいロケーションの必要があります。せっかく写真撮影をするときにきれいな状態で発令したいですので、写真映えがするような所を選ぶのが良いです。地方の場合には、遠くの方に山などが見えますので奥の方まできれいな景色を演出することができますが都会の場合には庭園などがあれば奥の方まで大きな庭が続いてきます。

ただ、レストハウスなどの場合には壁で仕切られている可能性があります。その場合、どこまで妥協できるかがポイントになるでしょう。

 

いくつか比較して決めよう

最後は、生歌や生演奏などが行われるかをチェックしておくのが良いです。ゲストハウスに限らずホテルでも生歌や生演奏などが行われることがあります。もちろんこれらは、人件費がかかっていますのでその分料金が高くなる傾向が見受けられます。料金が高くなるといっても、プランに組み込まれていますので極端に高くなるようなことはありません。また、多少金を出してでも思い出に残る結婚式をしたい場合には生歌や生演奏にこだわるのも決して悪いことではないでしょう。このように、いくつかのポイントがありますので結婚式場を選ぶ時の基準にしてみてもよいです。ただ、一つのところに最初から決めるのではなく比較する視点が重要になります。

 

  • キュレーター:aoi!!