ゲストみんなが愛の証人*人前式は魅力いっぱい♪

2018.09.19 Ceremony

ゲストみんなが愛の証人

人前式とは、神に結婚を誓う教会式とは違って参加してくれたゲストに証人になってもらう
スタイルの結婚式のことをいいます。
特別なルールや決まりなどはないので、進行や演出を自由にアレンジすることができます。

人前式の魅力って?

人前式の魅力は何といってもゲストを巻き込んだアットホームな式が出来るというところにあります。
参加するゲストが愛の証人になるというスタイルなので、ゲストはただ見ているだけではなく
自分がその場に立ち会っているという意識が強くなります。
ゲスト参加型の挙式なので、会場との一体感を大事にしたいという新郎新婦にぴったりです。

そして人前式には宗教色を出さずに結婚式を行えるというメリットがあります。
教会式・神前式・仏前式は宗教色が出てしまうので、ゲストが信仰している宗教が違う場合には
参加できないことも少なくありません。
それに対して特定の宗教にとらわれない結婚式なので、誰でも参加することができます。
両家の信仰する宗教に違いがあるといった時にも最適です。

 

オリジナリティを大切にしたい二人に人前式はぴつたり♪

比較的自由度が高いウェディングスタイルなので、自分の理想通りの式を挙げることができます。
衣装も自由に選ぶことができ、ウェディングドレスにタキシードといった洋装で行う人もいますし、
和のテイストを取り入れて引き振袖や色打掛に紋付き袴を着るなど和装で行う人もいます。
挙式会場も自由に選べ、チャペルで行うこともできますしガーデンウェディングにすることもできます。
庭園が美しい会場で結婚式を挙げる場合などにはガーデンウェディングによって素敵な結婚式になります。
また、披露宴会場で挙式を行って、そのまま披露宴に進むといったこともあります。
挙式の演出なども自由にアレンジすることができます。

甥や姪など親戚のお子さんにリングボーイやフラワーガールを務めてもらう人もいます。
小さいお子さんが一生懸命リングボーイやフラワーガールを務めている姿を見ると、
とても和やかな雰囲気になります。
リングリレーなどの演出を取り入れると、会場の一体感を高めることができます。
結婚の証明書に祖父母や友人など親しい人に署名してもらうといった演出もあります。
サプライズとして当日に指名するといったこともできます。

その他にもプロポーズを再現するといった演出もあります。
どんなプロポーズをしたのか皆に知ってもらえるので、盛り上がること間違いありません。
それから手作りの結婚誓約書を自分達で作成するという新郎新婦もいます。
事前に二人で準備をすることで、二人の絆を深めることにもつながります。
また、誓いの言葉を自分達で考えるのも醍醐味です。
教会式では誓いの言葉が決まっていることが多いですが、
人前式では自分達の言葉を誓いの言葉にすることができます。

気を付けたいポイント

気を付けたいポイントとしては、メリハリのある演出を取り入れることです。
決まった流れが無い分、演出などが少ないと間延びした印象になってしまうこともあります。
そして人前式には、神前式や教会式に比べて費用を節約できるというメリットもあります。
披露宴会場で挙式を行えば、その分の会場使用料がかかりません。
会場の装花などの費用も省くことができますし、演出に必要な費用も節約することができます。
教会式の場合には、牧師など進行役の人が必要になります。
聖歌隊などのコーラスがある場合もあるので、その分の人件費がかかってしまいます。
神前式の場合にも神主が進行役を務めますし、巫女などがいることも多くあります。そ
のため費用を安く抑えたいのであれば、披露宴会場でそのまま挙式してしまうのがおすすめです。

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo