お洒落さ100%*クラッチブーケのデザインまとめ

2018.06.07 Bouquet

圧倒的な人気を誇るのがクラッチブーケ

結婚式で新婦の手元を鮮やかに彩るウェディングブーケ。
最近はいろいろとお洒落なデザインも増え、参加したゲストを楽しませてくれます。
いろいろなウェディングブーケがありますが、その中でも圧倒的な人気を誇るのがクラッチブーケと呼ばれるタイプです。
クラッチとは「ぎゅっと掴む」という意味でその名の通り、茎の部分を残してぎゅっと花を束ねたウェディングブーケのことをいいます。
定番のラウンド型ブーケとは一味違って、草花の自然な美しさを最大限に生かしたブーケなので、組み合わせ次第でシンプルにまとめたり豪華にしたり新婦の要望に沿って幅広くアレンジすることが可能です。
特にガーデンウェディングなどにぴったりです。
今回はお洒落なクラッチブーケについていろいろ探っていきたいと思います。

定番なのは白を基調にしたデザイン

まず定番なのは白を基調にしたデザインです。
純白のウェディングドレスと相性も良く、清潔感もあるので人気の色です。大きな白いバラを何本か束ねただけでゴージャスな感じになります。
反対にかすみ草はシンプルで可憐なイメージになります。
小さな花がたくさん束ねられたブーケは野原の草花を摘んできたような素朴な美しさがあります。

ピンクはどの年代にも人気の色

ピンクはどの年代の女性にも人気の色です。
ブーケのポイントとなる花をピンクにすると女性らしく愛らしい印象になります。
隣に並ぶ新郎も嬉しくなるデザインですね。
ピンクを使うと可愛くなりすぎてしまうことを心配する人もいますが、そんな時は同じピンクでもシックな色合いの花を使って大人っぽいデザインにしてみましょう。
落ち着いた色味の花を合わせるとエレガントでクラシックな感じに仕上がります。 ガーデンウェディングなど自然の中で行うナチュラルな結婚式を予定しているならグリーンも素敵です。
緑の草花を生かしたクラッチブーケは見た目も優しく、ゲストの心を癒します。
年配の方からも好感を得やすいデザインでしょう。

イエローやパープル

イエローを使うと元気で明るく、健康的なイメージになります。
夏場のウェディングならヒマワリを入れるとより一層可愛くなります。
上品でエレガントなイメージに仕上げるなパープルがおすすめです。
紫は神秘的な色なので大人っぽい雰囲気になります。
その中でもラベンダーは見た目も上品で香りも良く、結婚式にぴったりです。

レッド

レッドは凛としてスタイリッシュな雰囲気です。
真っ赤なバラが入ると情熱的で気品に溢れたクラッチブーケになります。
色味がはっきりしているのでアクセントカラーで取り入れる人もいます。

サムシングブルー

結婚式といえばサムシングブルー。
それに合わせてブルーのブーケはいかがでしょうか。
爽やかな色合いで涼しいイメージに仕上がります。
ちょっと背伸びをして大人っぽい雰囲気にしたい女性にもおすすめです。

何色も取り入れたカラフルなクラッチブーケ

迷ったときは何色も取り入れたカラフルなクラッチブーケにしちゃいましょう。
ビビットなカラーだとまとまりにくくなってしまうので注意が必要ですが、パステルカラーならふんわりと優しくまとまります。
たくさん色があると会場の雰囲気も明るくなり、華やかになります。

クラッチブーケはアレンジの幅が広い

クラッチブーケはアレンジの幅がとても広くどんな色でも合います。
ドレスの種類や色に合わせて様々なデザインがあるので、自分のイメージや要望を伝えて世界に1つだけのウェディングブーケを作りましょう。
新郎新婦の好きな色をたくさん取り入れれば当日の気分も晴れやかになり、最高の結婚式を過ごすことができそうです。
使い終わったブーケを花瓶に入れて飾れば結婚式が終わっても余韻に浸ることができますね。
ずっと保存しておきたいなら押し花にして額縁に入れる方法もあります。
思い出がたくさん詰まった素敵なブーケ。
結婚式が終わったあとも大切にしたいですね。

関連キーワード