みんなはどんなプロポーズされてる?きゅんとするプロポーズのセリフまとめ♡

2017.07.12 Column
Share
みんなはどんなプロポーズされてる?きゅんとするプロポーズのセリフまとめ♡

プロポーズの理想

大好きな彼からプロポーズされるときは、こんなシチュエーションで、こんな雰囲気で、こんなセリフで、と、女性なら誰しもあれこれと考えているに違いありません。
いつか来るその日を夢見ながら、どんな言葉を言われたいか、それぞれに理想のパターンがあると思います。
シンプルなものから凝ったものまで、いくつかの実例を交えながら見てみましょう。

シンプルなパターン

まずは、とてもシンプルなパターンから。
これからは、二人で同じ家に帰ろう。
これは、それぞれ別の家で暮らしているカップルには嬉しい言葉ですよね。
デートの帰り際など、そろそろ今日もお別れというタイミングで言われたら、ハッとしてしまいそうです。シンプルで地に足がついていながらも、彼の暖かい思いが伝わる素敵なセリフだと思います。

ユーモアを交えたのは

ユーモア

次に、少しユーモアを交えたもの。
これからは、僕が君の晩ごはんを作ってあげるよ。
これは、基本的な彼の愛情を確かめる事はできつつも、え、ごはんを作るのはわたしじゃなくていいの?あなたが作ってくれるの?という、ちょっとした笑いも誘う面白いセリフであると言えます。
結婚してからもこうやって日々の暮らしの中に笑いを交えながら、楽しく暮らしていけるのかな、という期待が膨らみます。
こういうプロポーズの言葉を、ユーモアを交えつつも少し真剣なトーンで言われたりしたら、キュンと来ちゃいますよね。
よりストレートな言葉も、胸にダイレクトに力強く届きます。
お前しかいない、結婚しよう。
こういう直球のプロポーズは、実はどんな女性にとっても大きな憧れの対象なのではないでしょうか。
お姫様の様にひざまずかれて、まっすぐに目を見てこんなセリフを言われて、指輪を渡される、といった、超王道の流れは、ベタと言うよりむしろ一度は経験したい夢のシチュエーションです。
実際にこんな風に言われたら、想像するだけで夢見心地になってしまいそうです。

心がなごむフレーズ

心がなごむのは、こんなフレーズかもしれません。
これからも、ずっと僕のそばにいて下さい。
少し改まった感じでこんな言葉を言われたら、彼に惚れ直してしまいそうですよね。
これから先の人生についてって、あまり具体的に考える事はまだ無いかもしれないけれども、プロポーズされて結婚するというのはつまり、彼とこの先もずっと一緒にいる、ずっとそばにいて、お互いに思いあいながら生きていく、という事なんだと、改めて実感します。
さりげないけれども本当に温かくて、この先の二人の人生に向けて思いを馳せて和んでしまう、そんな嬉しいセリフです。

定番のものは男らしく

定番のものは男らしく決めてほしいですね。 俺の名字にならないか。 これは昔ながらのプロポーズの決めゼリフではないでしょうか。
こういう定番系にも、心の奥で密かに憧れている人はきっと多いのではないかと思います。
何気ない会話の中でポロっと言われるのでも、面と向かってはっきりと言われるのでも、どんな状況でもこれは胸にダイレクトに迫るものがありますね。
彼の大人としての頼りがいや男らしさも感じられて、二人で生きていくのが楽しみになりそうです。

究極の定番

結婚して下さい

究極の定番といったらこれです。 結婚して下さい。
これに勝るセリフは他にはありません。
単刀直入、必要な事のみをシンプルにズバッと、言葉数が少ない分その思いがひしひしと伝わって来ます。
結婚というワードが入っているのも、その重みを良い意味で感じられていいですね。
その人との結婚は人生で一度なら、その人からのプロポーズだって人生で一度。
その特別な瞬間をもっとも鮮烈に楽しめるのが、この言葉なのではないでしょうか。
こんな風に、きゅんとするシチュエーションや言葉は本当に十人十色です。
来たるべき日に備えて、あれこれと想像しつつ、その時を楽しみに待ちましょう。

関連キーワード