【真似したい】プロポーズ用フラッシュモブ動画

2017.04.20

最高の思い出のための演出を

プロポーズをする上でサプライズは欠かす事のできない心理的なスパイスになります。
近年ではフラッシュ モブ プロポーズという方法が非常に流行しており、インターネット上でも多くの種類が公開されています。
具体的には動画を使った演出方法でプロポーズするという方法で、企業に依頼して専門の役者を起用した方法も行う事ができるようになっています。

劇団も使える

大規模な演出になると有名な劇団員を使ったフラッシュモブ動画も作成されており、これらは多くの女性の憧れとして数多くの再生回数の山を築き上げています。
実はこのフラッシュ モブ プロポーズはプロの演出ではありますが、重要な点はプロポーズを行うパートナーが出演するという点が重要でこの出演のために練習を積んでいるのです。
そのためただの家庭で作るビデオとはクオリティがまるで違い、
プロの指導や編集技術を使う事になるため最高の思い出として相手にアプローチする事ができるようになっています。

自作?プロ?どっち?

ダンス、演出が得意なら!

ただ家庭で用意できる設備でも工夫しだいではプロのクオリティに匹敵する程のフラッシュモブを用意する事ができるので、ある程度専門知識のある方はチャレンジしてみると良いです。
家庭用設備で作られている一番代表的なのは二人の思い出の地でプロポーズを行うというフラッシュモブ動画で、
自分の言葉だけでは伝えきれない場合に使用される事が多くなっています。

時間がないなら任せよう

反対に自分で設備を用意できない場合はフラッシュモブ動画の作成を専門的に行う業者に依頼するのも良い方法です。
この方法であれば自分が望む撮影ロケーションも用意できるので、低予算でも高いクオリティのフラッシュモブ動画を作る事ができ最高のフラッシュ モブ プロポーズができるメリットもあります。
近年のフラッシュモブ動画の流行としてはプロポーズダンスと呼ばれている演出が多くみられ、
専門業者に依頼してプロのダンサーの指導を受けパートナーがプロポーズするという内容です。
これならば劇団との接触がない方でもプロの指導を受ける事が可能になっているので、ダンスなんてできないと諦めている方は積極的に専門業者の利用を考えてみる事をお勧めします。

海外のフラッシュモブ

この様な感動的な演出の他にも他人からしたら笑ってしまうような寸劇もあります。
この事例は海外の動画なのですが彼が警察に捕まったという嘘の演出を本格的に行い、自称国際警察の人まで彼女の元に訪れて取り調べを行う事になります。
どうでもいい理由で嘘の犯罪をでっち上げ彼女がパニックになったところで、彼がこの婚約届と指輪を持っているけれども君はどういうつもりだと嘘の警察が詰め寄り動画の演出であった事を明かすというものです。

本物の警察官?!

この動画は地域の警察まで協力を要請しており、嘘の犯罪ではありますが警察官は全て本物であっためその厳しい取り調べに彼女も捕まる事を覚悟の上だったという感想を述べています。
その後取り調べを受けたカップルは愛の逃避行という犯罪で演出として捕まる事になるのですが、最後は二人で仲良く誓いのキスを行い演出としては最高のクオリティだったとプロポーズをした彼も満足していました。

相手に合わせた演出

この様に演出方法を本格的に行う事で、パートナーを一時的なパニック状態にしその中でプロポーズを行うというサプライズが世界的にも流行になっています。
なので演出をする時のコツとしてはプロポーズする相手の生活をよく理解して、どのようなサプライズなら驚くかを分析するようにしましょう。
その上であえてカタストロフィな演出をするのか、愛やエンターテイメント性に溢れた演出をするのかを決めた上でフラッシュモブ動画を作る事をお勧めします。
特にカタストロフィな演出に関しては自分一人ではできない事なので、専門業者に依頼して協力を仰ぐ事を強くお勧めします。

関連キーワード