20代女子の憧れプロポーズ5選

2017.04.28
Share

20代の女子はプロポ―ズに色々な憧れを抱いている

20代、30代の女性でプロポ―ズは必要ないと考えている人はほとんどいません。
特に20代の女子はプロポ―ズに色々な憧れを抱いていることも多く、理想の形もそれぞれすが、
人気のあるパターンは大体決まっています。
イマドキの20代女子は、日付はそれほど意識はしていないが場所にはこだわってほしいと考えている人が多いようです。
一番人気は、やはり夜景の綺麗な場所で心に残るような演出をして欲しいという意見です。
日常とは違ったロマンチックな雰囲気の中想いを伝えられたら、一生忘れられない思い出になりそうです。
このようなものはムードが大事ですので、日常生活の中で伝えられても嬉しさは半減です。後々まで思い出に残るようなシチュエーションが作れるように相手が一生懸命考えてくれたのだと思うだけでも、ジーンと心に響きます。

二人の思い出の場所でプロポーズも

次に、二人の思い出の場所でプロポーズというのも根強い人気があります。
二人が付き合うきっかけになった場所や何か強い思い出の残る場所など、二人にちなんだ場所で思いを伝えると良いようです。
プロポ―ズの最中にその時々のことが思い出されて感激もひとしおです。
長く付き合ってきたカップルは思い出の場所もたくさんあると思いますが、その中でもより印象に残っている場所を選んで伝えるようにしましょう。
サプライズ演出を期待する20代女子は、普段利用しているレストランで突然プロポ―ズされるというシーンにも憧れます。
いつもの通りに食事をして、普段通りの会話を楽しんだ後、日常と変わらない時間の中で突然伝えられたらとても驚きますし、驚きと共に喜びも大きくなるのかもしれません。
日常とかけ離れたシーンで伝えて欲しいと思う女子がいる反面、このような普段利用しているレストランで言われたいと思う女子がいるのは少し意外ですが、自分がその立場になれば素敵な時間だと感激できそうです。

彼の部屋で言われたいと思っている女子も

彼の部屋で言われたいと思っている女子も中にはいますが、それは普段の流れの延長で、ということではありません。
いつも通りに彼の部屋を訪れたらバラの花束が用意されていたりキャンドルが灯されていたりと、雰囲気作りをして欲しいのです。
ムードのある演出を考えてくれたというところにも感動しますし、
その努力から一生懸命さが伝わってきて幸せを感じることができます。
それまでは結婚を考えていなくても、雰囲気に酔ってしまって前向きに考えようなどと思えるかも知れませんね。

逆プロポーズもあり?!

最後は、昔から比べるとやや増えてきたように感じる逆プロポーズです。
結婚は男性の方から言って欲しいと考える20代女子もまだまだ多いのですが、中には自分から言いたいと機会をうかがっている人もいるようです。
女性からというのは、実は今密かに人気があり、実際に自分から伝えた人の話などを聞いて参考にしたり、上手くいきそうなタイミングを模索したりと女子も一生懸命です。

女性の方から伝えても良い?!

女性の場合、男性から結婚して欲しいと言われることが幸せにつながると頑なに考えている人もいますが、
最近ではプロポ―ズの形も色々と変化しています。
人によって違うのが当たり前という意識も強くなっていますので、自分なりの形で伝えられるように女性の方から伝えても良いのではないでしょうか。
20代女子の多くはこのような形で伝えてくれたらと考えており、自分の理想と近い形で友人などがプロポ―ズをされたらとてもうらやましくなってしまいます。
自分の番はいつくるのだろうか、相手はきちんと結婚のことまで考えてくれているのだろうか。
付き合いも長くなってくると色々な心配が出てきますが、タイミングは人それぞれです。
それよりも、二人がいつまでも覚えていられるように心に残る演出をしてみませんか?

関連キーワード